子供のムダ毛処理にカミソリは?

子供のムダ毛を薄くする方法

子供がムダ毛に悩んでいることに気付いたお母さんが悩むこと!それがどうやって処理して良いのか?なんですね。大人と同じようにカミソリや電動シェーバーで剃って処理しても良いのかどうか等・・・

 

幼稚園児、小学生低学年の場合でも、正しい方法で処理すればカミソリでも電動シェーバーでしょりしても問題ありません。では、正しい方法ってどんな方法?

 

 

 

 

 

 

カミソリでムダ毛処理をする際のポイントとしていくつかあります。

  • 肌が清潔な状態で、温まっているときに
  • 肌を保護するシェービングクリームやボディーソープ等で肌を保護して剃る
  • 逆剃り厳禁!

カミソリで気になるムダ毛を処理する場合はお風呂場で、っという方は多いと思います。お風呂で肌を清潔にした状態で温まっているときが◎そして、そるときには肌を保護するためにシェービングクリームやジェル、ボディーソープ等で保護しながら剃ること。

 

ここでもう一つ!ワセリンも肌の保護効果が高いので剃る際のダメージを最小限に抑えてくれます。剃ること自体が肌への負担になってしまうので、ワセリンやシェービングジェル等で保護してあげながら剃ることが超重要ですね!

 

そして、剃る際には逆剃り厳禁です!毛の流れに逆らってそる逆剃りは肌への負担も凄いですからね!小さな子供のムダ毛処理には絶対にやらない方が良いですね。

 

また、未だによく耳にする「剃ると毛が太くなる、濃くなる!」これはお医者さんも明言しているように迷信と言われてはいますが、中には剃ることが何らかの影響を与えて濃くなってしまった人もいるとか。ムダ毛が濃くなる成長期とムダ毛を剃って処理する時期は重なります!剃るだけの処理法ではムダ毛は薄くなったり生えてこなくなるということはありません。

 

成長期の時期にはムダ毛も勢いよく太く、濃くなろうとします。その時期と剃る時期が重なっているので「剃ると濃くなる!」という勘違いが生じてしまっているわけです。剃ったムダ毛の表面が大きく見える点も、「剃ったから太くなっている!」そんな誤解を生じさせているのでしょうね。

 

ムダ毛処理に重要なのは抑毛をすること!自宅で処理する場合にはいかに次に生えてくる毛を弱らせ、細くさせ、成長を妨げることができるかがポイントです。

 

抑毛のためには自宅で抑毛ローションや抑毛ジェルの使用をおすすめします。どんな方法でムダ毛を処理した場合でもやはり肌は少なからずダメージを受けています。処理後は肌の保湿を重点的に行ってあげることは超重要ですよ!

 

抑毛成分と保湿成分がたっぷりと含まれている抑毛ローションでしっかりと処理後の肌をケアしてあげましょう!

 

子供のムダ毛を薄くする方法