剃らない方が良いの?

ムダ毛処理をするときにカミソリで剃るってことは一般的な処理法ですよね。しかし、カミソリでムダ毛処理をすることを躊躇している人も多くいます。肌荒れを気にしたっという意見と同じく多いのが、剃ると毛が濃くなるからと言う意見。

 

実際に私は剃ってたからムダ毛が太くなった、濃くなったという人もいるようです。

 

毛を剃ると断面は鋭く円状になっていますよね。ムダ毛は根元から先に行くにしたがってだんだんと細くなっています。しかし、剃ることによって円状になった先端のまま成長していきます。

 

ムダ毛が太くなった、濃くなったと思う時ってカミソリで処理した後数日後や剃ったけが十分に伸びきった時。毛の先端も剃った時の円すいの状態をキープしながら伸びています。

 

先端が細くなっていない分以前よりも太くなっていると感じやすいのは事実ですね。剃ることによってその様な誤解は生じてしまいます。また、ムダ毛をカミソリで処理し始める時期って成長期のことが多いですよね。

 

成長期は当然ながらムダ毛も成長力を強める時期。カミソリで処理している時期って、体の成長期でムダ毛成長力が強さを増し、太く、濃くなろうとします。この時期が重なっていることによってムダ毛を剃っているから太く、濃くなっているのだという誤解が生じてしまいます。

 

こういった経験をしている人が多いからこそ、剃るとムダ毛は濃くなる、太くなると思われているのでしょうね。

 

ただ、剃るだけではムダ毛は太くなったり、濃くなることはないとされてはいますが、中には剃ったことが何らかの影響を与えてしまい濃くなってしまった人もいるとか。

 

剃ってもムダ毛は以前と同じ濃さの毛が生えてくるだけ。毛の成長を弱めたり、細くしたり、目立たなくしたり、生えてこないようにする事はできません。剃る方法ではムダ毛を薄くすることはできないですからね。

 

それでもやはり、実際に原因は解明されていないのですが剃っていたから太くなった人はいるようです。剃ることとの因果関係はわかっていないようですが、剃って太くなることがある人もいると言うのが正しい言い方かもしれませんね。

 

ムダ毛を目立たなく、薄くするためには抑毛をしなければいけません。自宅で処理する場合には剃った後には抑毛ローションでしっかりとケアしてあげることがポイントですね。

 

子供のムダ毛を薄くする方法